カジノが日本にいつになったら誕生するのか、熱い注目を集めています。すでに、ほとんどの先進国では合法的に運営されており、海外からの観光客を呼ぶことで、大いなる経済効果をあげています。現時点では、政府内でカジノ開設に向けての論議が熱心に繰り広げられています。その結果をまとめて、IR実施法案とし国会に提出する段取りになっています。政府の意向としては、東京オリンピック後の経済発展のトリガーにすべく、大変な力を入れています。ただ、他方では慎重論も少なくありません。ギャンブル依存症患者が増えたり、反社会的勢力が跋扈して治安が悪くなるのではないかとの危険性が指摘されています。もちろん、政府内でもその声には謙虚に耳を傾け、実効性の期待できる対策案を練りつつあることは言うまでもありません。

IR施設の誘致を前向きに検討している地方公共団体は全国に10以上もあります。いずれも、観光客増加による地元経済の活性化を見込んでのものです。IR事業が多くの収益をもたらすであろうところから、事業運営に当たると見られている関連株も大きな上昇を示すほどの熱狂ぶりです。確かに、過去の海外での事例を見る限り、多大の事業収益が発生し、あわせて税収も飛躍的に伸びるなど、経済を刺激する上ではカジノは非常に有用です。関連株が買われるのも、自然な流れと言えるでしょう。当初は一つか二つの自治体にIRが設置され、それが稼働してからの実際の様子を見て、もし課題があればそれを解決しながら、他の自治体にも広げていく手はずとなっています。このようにして、観光立国としての日本は、その基盤を盤石なものとしていくスケジュールです。

日本の場合、海外のIR施設と根本的に異なっているのが、日本の観光資源の贅沢なまでの豊富さです。美しく整備された温泉や多くの世界遺産、世界のグルメ通をうならせるレストランなど、すでに日本には、海外の人が見て魅力に感じる要素をたくさん有しています。IR施設はカジノだけではありせん。観光施設も相当な集客実績を残すことは、容易に想像ができます。誘致に熱心な大阪市のプランでは、海外からの外国人が増加することによって、地元大阪だけでの消費拡大にとどまらず、中国や四国地方などの周辺地域にまでその効果が及ぶことを計算しています。また、日本は国際的な比較をすると、中間所得層が多いところから、国内での需要も相応のレベルが期待できるとの観測もあります。経済力を持ったゾーンが客層となることで、より大きな成果をもたらすことは確実です。
その他オンラインカジノは日本にいながらプレイできるので、おすすめです。