韓国にはソウル、釜山、済州島などを中心に国内で十数か所ほどのカジノがあります。基本的には韓国人向けというよりは外国人向けのカジノとなっています。ですから気軽に参加できるのですが、入り口で必ずパスポートを見せる必要があります。

そして韓国内のカジノですから、当然使われるのは現地の貨幣であるウォンです。そのため、空港であらかじめ日本円をウォンに両替してから出かけるとすぐに遊ぶことができるので便利です。ただホテルによってはクレジットカードでチップを購入することができるのでそういったところをあえて選んでおくのも良いです。

ちなみに服装に関してはそれほど厳格なルールがあるわけではなく、比較的カジュアルな服装でも入ることが可能です。ただあまりにも度を越えているようなラフな服装の場合は入ることができない可能性もありますので、カジュアルと言ってもよそ行きの服装を選んで着ていくのが良いでしょう。

韓国のカジノが日本人にとって魅力的な理由はいくつもあります。日本から飛行機を使ってわずか2時間程度で到着するため、日帰りで出かけようと思えばできますし、飛行機の費用もそれほど高くかかりません。

そしてなんといっても日本語が通じるスタッフが常駐していますので、現地語や英語が話せない方であっても気軽に遊ぶことができます。大きな所ではディーラーまで日本語を話せる場合もあり、何かあった時にも日本語で対応してもらうことができるというのは大きなメリットです。

そして、この国ならではなのがクレジットカードを使ってチップを買うことができるという点でしょう。これは他の国ではできないことで、ほとんどの国では現金でしか購入することはできません。両替をしなければいけない手間を考えればこれは非常に便利です。ただし、こういったことができるのはそのホテルにもよるので、前もってチェックしておくといいです。

韓国のカジノは歴史がとても古く、およそ300年ほどの歴史があります。それゆえに「東洋のラスベガス」と呼ばれているほど、本格的に楽しむことができます。この国では掛け金は最低でも数千円となっていますので、その日に使うお金は決めておかなくてはいけません。

しかしわざわざ韓国へ出かけなくてもソウルのカジノに出かけたような雰囲気を感じながらプレイすることができるのがオンラインカジノの魅力です。カジノルームは全部で8つ用意されており、その1つがカジノ・ソウルです。現地の雰囲気をそのまま再現しており、本当にそこにいるかのような気分になれます。

本物のディーラーとプレイをすることができるので、かなり楽しむことができます。ライブルームなので、より迫力のある映像を見ることができます。中にはスマートフォンに対応しているものもあるのですが、残念ながらソウルのライブルームはスマートフォンには対応していません。